仏事のお作法・項目別

お焼香の仕方

こんにちは 副住です。
今日は少し肌寒いですね。
さて、このブログを使いながら、今後は仏事のお作法についても、充実していきたいと思います。
そこで今日は、浄土真宗本願寺派の焼香の仕方を取り上げましょう。
①香炉の一歩手前で阿弥陀仏に一礼。
②一歩進み、お香をつまんで、香炉にある火種の上に落とします。(一回だけ)
③その場にて、合掌→お念仏(南無阿弥陀仏)を申し→礼拝。
④後ろに一歩後退し、阿弥陀仏に一礼。
*お香は額にて、おしいただいたり致しません。
また、お念珠(数珠)は普段から房(ふさ)が下にくるように持ちましょう。
左手で持つことがいいでしょう。

お焼香の仕方” への3件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です