日記

節電に想う

皆様、おはようございます。西照寺の住職です。
今日は暑くなるそうで、熊谷に近い西照寺ではすでに夏の陽気となっております。予報では29度まであがるとの事。まだ5月なのに、今年の夏が心配になってきました。
西照寺では節電を呼びかけ、所々に扇風機を配置し、冷房の使用をできるだけ控えるよう考えているのです。しかし5月でこの暑さでは、今夏は酷暑かもしれないと心配しているのです。
こうなると、今も尚、原発事故の影響の大きさを痛感いたします。
快適な生活を求めることは、人の欲望を実現する一つの方法でしょうが、実現するばかりが進むべき方向とは限りません。欲求心を落ち着かせ、すでにあるものに満足していく。
仏教では少欲知足(ショウヨクチソク)という言葉がありますが、これからの日本は、そのような方向にも視点をあてていくべきでありましょう。

節電に想う” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です