日記

事故

こんにちは 副住です。
昨日は朝から出突っ張りで、パソコンさえひらけず、結果ブログ更新ができませんでした。
しかたないな。
さて、数日前のことですが、私の妹が事故にあいました。
相手の信号無視。
こちらは青信号を直進、交差点に入ったら左横から信号無視でズドン。
まさにもらい事故ですね。
IMG_0012
IMG_0014
画像ではたいしたことないように見えますが、ドアは開きません。
私の母も同乗しており、かなりの衝撃だったようです。
ムチウチとなってしまい、病院に通っているところです。
しかし、相手の信号無視では、どうにもなりません。
夜に私の携帯に電話がかかってきて、事故を起こした!と聞いたので、心配し現場まで急行しました。
正直、この程度ですんで、不幸中の幸いだったと思いました。
右から突っ込まれて、対向車線にはみ出し、対向車と正面衝突なんているケースもありえたでしょうから。
現場では、警察の方が来てくださって、事情聴取。その際、本人も信号無視を認めていたようです。
(目撃者もいて、妹に「何かあったら証言しますよ」と言ってくれて電話番号まで教えてもらったようです。本当にありがとうございますm(_ _)m)
相手は市内に住むおばさんでしたが、事故の後日、電話をしてきて、「こちらだけが悪いということはない」と言ってきたそうです。(信号無視でよく言えたものだな!と思います)
さらに後日、私が電話を受けた際には「謝りに行きたいのだけど、事故で車がないので、謝りにいけません」と電話をいただきました。
正直、それもどうなのかな?と思いました。
やはり信号を守らず、相手に怪我をおわせ、かつ迷惑までかけたのですから、タクシーででも謝罪に来るなり誠意はないのでしょうか?同じ市内なのですから。
(因みに、その後相手の保険会社から電話をいただき、本人も信号無視を認めたと話てきました。最初は認めなかったのだそうです。)
これら一連のやりとりを見て感じたことですが、悪いと思っていないのか、もしくは、自分が不利になる状況から逃げ出したいのか。
自身の行為には目を向けず、自分の不利益という結果にだけ目が向いてる。どこまでも自分のことしか考えられない生き方なのだとしたら、寂しいものですね。
しかし、現実は自分一人で生きているわけではないのです。もう少しそのことを自覚してほしいと思います。(今日の私は激しいですね。でもやはり相手の行動が面白くないのです)
妹の保険会社さんも、「あまりにも誠意がなさすぎます!許せません」と怒っておられました。
確かに、事故後保険料があがるなどの心配もあるのでしょうが、やはり自分が起こした行為なのですから、しっかりと受け止め、
相手に謝罪することは基本的な姿勢ではないのかな?と思います。
このような方がおられるから、その後の者だってあれてくるのです。
年配者は年少者の模範となるような生き方をせねばならないのでは?と思ってしまうこの頃です。
皆様も年末ですし、もらい事故など気をつけてください。(相手が最悪のケースもありますので・・・気を付けようもないけど)
(今日も先ほど交差点で日通の大型車と普通車が事故をおこしていました。状況から推察するとたぶんどちらかの信号無視。一般者の前方は原型をとどめていませんでした)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です