日記

武蔵野女子学院 高等部でのお話し

おはようございます。副住です。
昨日は西照寺の報恩講でした。
不届きもの私は、自坊の報恩講を予定表に記載していなかったことが一因となって、
武蔵野学院の高等部(報恩講)でのお話を受諾してしまっていたのです。
西照寺の報恩講は11月28日と日程が決まっているのです!!
まったく、自分が情けない(自坊の報恩講を不意にしたことが)
そこで、住職に怒られながら、そして、自分を反省しながら先方に向かいました。
武蔵野女子学院には初めて伺いました。
IMG_1524
IMG_1525
素晴らしい学舎ですね。
(因みに、武蔵野女子学院は中高一貫教育で、学祖の高楠順次郎博士は、仏教学者で、仏教教育を掲げて創立された学校なのです)
武蔵野女子学院 創立の歴史
ですから、学校の教育方針もまとまっています。
教育方針
そのような方針をもっているので、普通の学校ではないような儀礼の時間もあります。
宗教の時間
昨日は、武蔵野女子学院でも大切な報恩講が勤まったのです。対象が高校二年生で、200名くらいでした。
その場で、私に仏教の話をしなさい!とお話しを頂戴したわけです。50分(高校生には結構長いね)
(夏前の話で、11月の予定など頭になく、受諾させていただいたというわけです)
武蔵野女子学院でのお話しを終え、夕方から住職の実家で法事を兼ねた親戚会が予定されていたので、
そのまま調布に行ってきました。
帰宅が23時頃になってしまい、疲れていたので、ブログは覚えていたのですが、休みにしてしまいました。
今月は諸々ダメですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です