日記

判断力の低下

こんにちは 副住です。
昨日の住職の検査は、一応大丈夫でした。
ただし、懸念箇所もあった為、組織の一部をとって病理検査に。
結果は、今月下旬とのこと。
ここ数年、妻の実家も含めた家族に、諸々病気が見つかったり、異常が見つかり検査を行ったり。
次々と襲ってくる心配事に心が疲弊します。
さすがに「心配」が多いと、もちません。
私の両親に、妻の両親。ここ3年の間に4人に次々と大病が見つかったり、異常が見つかったり。
こんなことってあるんだ!? と思います。私はお坊さんだけど「なんで我が家だけ???」とついつい思ってしまいます。
でも、どうしようもないのです。ただただ繰り返し襲ってくる、私にとって悪い縁に悪あがきできる方法もありません。
抗う分だけ、無駄なのです。でも、抗わないで、そのまま受け止める!ということも難しい。
だから苦しいのです。「自分にはどうすることもできない」ことを「どうにかコントロールしたい」のです。
もちろん、そんなことはできません。つまるところ、自分の思い通りにいっていない環境が苦しいわけなのです。
つまり、苦しみの正体は、「思い通りにならない」ことにあるのです。
ここ数年、特に大切だと思っている家族の健康問題が、私の思い通りになっていないのです。だから辛い。
できれば早く、こんな状況から解放されたい!と思いながら生活してますが、なかなか状況は変わりませんね。
昨年末には、ついに義母を亡くしました。
この数年は、本当に激動です。これまで経験したことないような辛いことが連続してます。
私の心も、そういった意味で疲弊しつくしました。そろそろ限界だと感じます。
そんな限界の状況まできたからなのか、今年に入ってから、今のところ検査結果は「大丈夫」とのことが続いてます。
正直ホッとします。
今は余裕がなさすぎて、いつもはかなり自信がある自己判断(私的な判断という意味です)にも、迷いが生じています。
こんなことは高校生以来のような気がします。周りの意見に流されている自分がいます。
こういう時に失敗は起こります。気をつけないといけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です