日記

最近の話題に思う事

おはようございます。副住です。
最近風が強いですね。
西日本、特に鳥取では大雪だし、天候不順なのでしょう。
そんな中、安倍首相とトランプ大統領との日米会談やゴルフ交友、
そんな中、北朝鮮がミサイル発射。
さらには、とある女性の若手女優の引退兼、とある宗教団体への出家など
色々な話題が展開されています。
私はあまりTVを見ないのですが、朝のニュースやネットなどで情報を仕入れています。
日米会談やミサイル問題などは、今後が重要となりそうですから、今は触れずに、
とある芸能人の出家に関して綴ろうと思います。
真偽のほどはよくわかりませんが、この女性若手女優は、
事務所からの仕事を、断れなかったようですね。
巷では、そのような情報がでております。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170212-00000140-spnannex-ent
この情報に、どこまで信憑性があるのかわかりませんが、一つ気になったことがあります。
それは記事中にある、女性女優のツイッターで書かれているとされる文言
「力ある大人の怖い部分を見たら夢ある若者はニコニコしながら 全てに頷くようになる。そんな中ですり減って行く心を 守ってくれようとしたのは 事務所じゃなかった」
です。この文章と、彼女が選択したとする「出家」という流れをみると、
きっと守ってくれたのが、某宗教団体だったのだろうなと想像できます。
この記事の内容の真偽が、どこまで事実なのか、あるいは信憑性があるのかなどはわかりませんが、
ただ、この記事から見て取れる部分は、若者が新興の宗教団体にのめり込む背景に、「頼れる」という
部分があるのではないかと思うのです。
もっというと、少なからず、我々伝統教団よりも若者の悩みなどに「寄り添っている」のでしょう。
以前から言われていることですが、改めて記事を読んでみて思わされました。
もう一方で、若者はとても敏感でナイーブなのかもしれません。優しい。
そして、思った以上に弱いし、傷つきやすいのかもしれません。
見た目はそんな風に見えないけれども、ずっとずっと繊細なのかもしれないということです。
そのことを予想してみることも、我々伝統教団の僧侶には必要なのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です