日記

親鸞聖人 なぜ関東に?

こんにちは 副住です。
今日はいい天気でしたね。穏やかで小春日和みたいな。
そんな天気だからこそ、花粉が舞っているようです。
私は今のところ、花粉症ではないので大丈夫ですが。
母と妻は花粉症で、騒いでいます。
さてさて、昨日の続きです。
具体的に動き出し、とある情報を聞きつけました。
代々伝わっている親鸞聖人が書かれた家宝を所有する
可能性がある方の情報を親族を通して探し出したのです。
なぜ、私が親鸞聖人の書かれた家宝を見たいか!?といえば、
以前、祖母の話で聞いたことがあった内容が大きく影響しているのです。
それは、「親鸞聖人が、ある殿様にあてた手紙が残っていた」との話です。
実は親鸞聖人は茨城県で生活されていたこともあるのですが、親鸞聖人の
関東時代の足跡は、今の研究でも明らかではないのです。
ほぼ不明なことが多いわけです。
なぜ、関東に来たのか? なぜ茨城県にお住まいになったのか?
親鸞聖人が特にゆかりのない関東に住まわれた背景には、
きっと有力な武士や殿様と関係があって、それをつてに
関東に入られたのではないか?などと推測する学者さんが多いのです。
そのようなこともあって、「親鸞聖人が殿様にあてた手紙が残ってる???」
と思い出し、大変興味を抱いたのです。
だって、もしそれが本当であれば、何という殿様にあてた手紙なのか?
その内容だって気になるし、何より親鸞聖人の関東での足跡が判明する
大事な大事な資料になるのです。もし、それが本物であれば、浄土真宗として
大変なことなのです。
だから、とっても気になった。というわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です