日記

研究者

おはようございます。副住です。
今日のブログは2連投です。
初回が連載物。2番目が比企青年会議所の例会の宣伝です。
まず始めに、数日前から続く、連載物です。それでは、続き・・・
研究者の私が言うものおかしな話ですが、おじ様はかなり細かい方でして、
研究者というものは妥協を許さない傾向が強く、
従って細かいことにもこだわりが強くでてしまうものなのです。
細かい部分に着目できるからこそ、研究者なのかもしれませんが。
研究ですから追及心が強いのですね。
私も研究する!という時期を過ごしたあったので、よくわかるし、
ある意味おじ様と話が通じる部分があったのですね。
ただし、私は根っからの研究者ではないと自分で思う位、研究が嫌いです。
面倒くさい。でも研究している最中は、どっぷりとつかってしまって、
時間を忘れて、そればかりを追及(ただし、頭を使うので猛烈に疲れます)
してしまうのです。だからどっぷりとつかれる環境も大事。
ですが、私はお寺を継ぐという役割があるし、今はすでにお寺に戻ってきて、
色々な業務をこなさねばならない環境です。
研究!という環境ではないので、もう研究者でもありませんし、
研究者になりたいと思ったこともありません。
やっぱり研究が嫌いなんですね。
さてさて、おじ様も研究者だと、話をしていてわかりました。
通じる部分があったのです。それをおじ様も感じとっておられたようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です