日記

問題 春のお彼岸 「おはぎ」or「ぼたもち」 どっち?

おはようございます。副住です。
今日はお彼岸のお中日。
お彼岸というのは、一年に二回あります。
中日も二回あって、春分の日と秋分の日です。
この中日を真ん中にして、前後三日を付けたすと、
一週間となります。
この一週間がお彼岸の期間となります。
ですから今年の春の彼岸は、二十日が中日だから、
十七日がお彼岸の入り。
そして二十三日が彼岸の終わりとなるのです。
因みに、中日は休日となりますが、固定された日となっていません。
大体、休日は固定された日となりますよね。
例えば、昭和の日(昭和天皇の誕生日)といえば、4月29日で
固定されてるし、憲法記念日は5月3日で固定の休日です。
しかし、春分の日や秋分の日は固定されていないのです。
年によって、変化します。だいたい同じになりますが。
春分の日と秋分の日は、太陽が真東から昇って真西に沈みゆく日です。
つまり、地球が太陽を回っている周期に関係するので、
年によって変化してしまうわけなのです。
だから、休日だけど、日が定まっていないわけです。
さてさて、今日はさらにこんな問題をだしてみましょう。
お彼岸といえば「おはぎ」ですが、「ぼたもち」ともいいますよね。
私は餡子が嫌いなので、どちらも食べませんが。
「おはぎ」と「ぼたもち」って正式には違うのですよ。
では質問、春のお彼岸にお供えしたり、食べたりするのはどちら
(「おはぎ」or「ぼたもち」)でしょう?
正解は、明日のブログで・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です