日記

文章力

こんばんは 副住です。
今日は朝から住職や坊守と議論を致しました。
今後のお寺の方向性というか、お寺が果たすべき
役割など。
西照寺では、度々、このような議論が展開されます。
しかし、これがなかなか大変。
親子という立場で、互いに考え方が異なる為、
議論が白熱します。
白熱しながらも、喧嘩などにはならず、住職も私の意見を
聞いてくれます。しかし、聞いてはくれるものの、自分の意見も
曲げないので、平行線でいくのです。私も住職の意見を聞くので
すが、疑問に感じることを掘り下げていくと、結局、平行線の
ままとなります。これが楽しいといえば、楽しいのですが。
最終的に、議論から離れて、私が違う論点で意見をすると
「確かに・・・」と納得してくれるのですが、その後が進まない
結局、議論だけで終わってしまい、事が進みません。
もっと私がやらないといけない状況ですね。
私は築地の役職をやっている場合ではないのです。
築地とJCで疲弊してしまって、西照寺の基礎確立が疎かに
なっているといえば、そうかもしれません。
本末転倒ですね。
重心をもっと、お寺に置こうと思いました。
それにしても、思想的なことを皆さんにすんなり解ってもらえる
ように文面化することは、本当に大変。
つくづく、自分に文章力がないことを痛感します。
自分の中でははっきりと理解できているのですが、それを
周りに伝える術は、やはり文章。
小学生の頃から読書は嫌いで、今でも本を読むことが面倒
と感じてしまう私ですから、文章力もないのでしょう。
今更過去に戻って読書の努力などできないし、
後悔先に立たずですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です