日記

わかりやすい仏教(3.我)

おはようございます。副住です。
「思い通りにしたい」という欲求に対し、
そうならない現実にであった時、苦しみがやってきます。
では、そもそもなぜ私たちは「思い通りにしたい」と
思うのでしょう?
あるいは、「思い通りにしたい」と思う心の奥底には
まだ何かあるのでしょうか?
普段の生活で、上記のようなことを考えている人は
少ないでしょう。
そこに疑問さえ持ちえないことがほとんどかもしれませんね。
でもお釈迦様は、そこまで見つめたのです。
そして「思い通りにしたい」と思う心の奥底には、自己中心性が
あるといわれたわけです。
つまり、「思い通りにしたい」と思うのは自分ですね。
だから「自分の思い通りにしたい」ということです。
ここに「思い通りにしたい」と思う心の根本に、自己中心性が
あるというのです。
この自己中心性を「我」(ガ)と呼びます。
私たち人間(おそらく他の動物だって)は、皆「我」をもってい
ると思います。
(私は他人のことはわからないので、推察して言ってます)
ですから、「自分の思い通り」にならない時に、苦しみを感じる
のは「自分」となるわけです。
もっと極端に言えば、苦しみは「自分」が作り出しているとも
言えるわけです。
(つまり、自分が「思い通りにしたい」という欲求を作るから、
そうならない場合に苦しみが起こる。だから、自分で苦しみの
原因を作っている)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です