日記

体調不良

おはようございます。副住です。
体調不良で寝込んでいました。
まだ、回復しておりませんが。
実は、日曜日の夕刻から調子を崩し、
月曜日の朝、体温を計ったら8度5分。
ご法事を勤め、夕刻、病院へ。
先月だったか?、築地本願寺で
インフルエンザの予防接種をしていたし、
おかしいな。と思いながら、診てもらいました。
すると、熱がでて12時間経過しないと、
検査しても、出ない場合があるから!
明日まで熱が下がらなければ、もう一度
来院するように!と言われ、解熱の薬を
処方していただきました。
昨日は、7度前半まで下がったので、来院しませんでした。
今朝は、解熱しました。
しかし、身体全体に倦怠感があります。
これまで経験しなかったような、力が入らないというのか
特徴としては、足の裏が痛いというのか、足つぼして
刺激してほしいような感じというのか。
また、背中や腕など、特に筋肉が。。。
おそらく、疲労がたまりすぎたのだろうと理解してます。
毎年、年末から元旦にかけて、調子を崩すのですが、
そこには、共通点があって、仕事が一区切りというか、
全部終わって、ホッとするタイミングなのです。
実は今年、ホッとするタイミングが早まって、今、出て
しまいました。
築地本願寺の報恩講期間ではあるのですが。
しかし今年、報恩講期間に私の役目が皆無であり、
その意味でホッとしてしまったのです。
そしたら、大した風邪でもないはずなのに、それが
引き金となって、おそらく身体が悲鳴をあげたの
だろうと思います。
こうなると、一週間ほど復調しないのです。
本当は、薬で解熱するのではなく、自然と解熱する
のを待った方が、きっと身体にとってはいいのだと
思います。
今年は、インフルの可能性もあると考え、薬を飲んで解熱
してしまいましたが、身体の悲鳴は続きます。
疲れが外に出た方がいいので、辛いけど、我慢我慢。
しかし、ダルイのなんのって。
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です