日記

名ばかりの住職

こんにちは 住職です。
今日、地元でお世話になっているSさん親子が
来てくださいました。地元で有力な社長さんです。
西照寺が、とてもお世話になっている親子です。
そこで、私が住職になった!ことを触れられました。
そこで、大変面倒なことですが、説明させていただきます。
ブログを含め、内部的には住職ということにしました。
理由は、父親が、私に対して「もう住職でいいでしょ!」と
懇願するからです。(笑)
私に早く譲りたいのは、父親の都合なのだろうと思います。
何かを、はやく私に委ねたいのだと思います。
私も、いつかは住職になるわけなので、承諾したという訳です。
しかし、住職は世間のルール上で言えば、お寺の代表役員と
なります。ですから交代には、登記や宗派の手続きも必要となり
ます。これを私はまだ行っていません。
父親は、内部で住職を譲りたいだけで、外部では自分が住職
でいても良いみたいです。そこの部分に関しては、早く交代しよ
う!と言いません(笑) きっと何かあるのでしょう。
だから、きちんと説明すると、私は何の実権も持たない
名ばかり住職なのです。実験は父親が持っています。(笑)
そのような実状となります(笑)
ご了承を。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です