日記

仏教って

おはようございます。住職です。

近頃思うことですが、自身を取り巻く環境に、動きを感じる中に

身を置くと、色々と気付かされることが多いです。

これまでは、さほど動きを感じる事が少なかったように感じられ

ていましたが、令和に入ってから、色々と動きがでているので

す。動き=流れと表現してもよいかもしれませんね。

当然、自分にとって都合のよい流れの中に入れば、それは勢い

となって前進するのでしょうし、自分にとって都合の悪い

流れになれば、凹んでしまう。疲れも感じる。

当然のことです。ただ、私は仏教を学んだことで、こんな時に

助かっています。こんな時に仏教と出遇ってよかったと思わされ

るのです。

どういうことかと言えば、例えば、自分にとって都合の悪い流れ

であっても、異なった見方をすると、違って見えるな。と考えら

れるのです。苦しいだけで終わらないというか、そこから学ばせ

てもらうこともあるんだな。と思えるのです。

もちろん、自分的には苦しいんだけど、ちょっとだけ有難いな。

と受取れる側面もあるのです。ここにとても助けられてます。

普通だったら、たぶん苦しいだけで潰されてしまうんじゃないな

かな。と想像します。

ですから、仏教って知的学びではなく、心の学びでないと意味が

ない教えだと思っています。意味がないとまでは言いませんが、

仏教の本質は、知的学びではなくて、心の学びにあるのだと思う

のです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です