日記

台風 被災

おはようございます。住職です。

昨日も築地で会議があり、行ってきました。

昨日は、あまり面白い内容ではなかったし、

どちらかと言えば、総局からの一方的な話を聞いて、参加者

(140名程おりました)が、感想(意見)を言って、総局が

「だされた意見は、本山に持ち帰って協議します!」という形態

の会議です。ですから、何かを煮詰めるだとかの会議ではないか

ら、私の場合、このような会議は面白くはないのです。

ただ、総局からの今後の方針など、お考えを聞ける場としては

重要な場ではあります。

会議は全体で3時間半(休憩もあります)もあって、そりゃ疲れ

るわけです。昨日は、大事な公聴会がありましたが、もっと大変

なことも続いておりました。

千葉県では未だ台風15号の影響で、停電が続いている地域がある為、

教務所から、該当地域にあるお寺に、水や発電機などを持参

し緊急応援に行きました(私は公聴会だったので、他の職員が)

該当地域の寺院から近い、停電が解消された近くのコンビニは、

すでにこのような有様だったようです。

職員さんが、途中で写真をとって、ラインにあげてくれました。

その画像を転写してます。こうなってしまうのですよね。

東京も埼玉も、日常ですが、千葉のある地域では今、このような

状況になっているのです。

因みに、千葉県も広くて、停電地域も広いので、車2台をだして、

物資を運び、現況確認に行ってもらいました。

教区内のご寺院に、このような災害や緊急的な困りごとなどがある場合、

なるべく早く応援に伺うことは、教務所の使命です。

今回は、停電によってご寺院との電話連絡がとれず、さらに、

該当地区の電気復旧の見通しが数日間はできない、と東電の報告

もあったので、教務所として動くこととしました。

被災された皆様にはお見舞い申し上げ、一日も早い復旧を念じております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です