日記

「好きな事が仕事になる」OR「やりたい事をやる」ということ。

連載2日目です。

最近、「自分がしたいことが仕事にできる」とか、

「好きな事が仕事になる」などと聞くようになりました。

そこで思うことは、

果たして「自分って何がしたいんだろう?」と思うわけです。

「自分は何が好きなのだろう?」と思うわけなんです。

答えがでてこない大事な問題・・・実は、このように自分で探しても、

答えが導き出せない大事な問題を抱えることとなったのは、

私の人生経験の中では、2度目なのです。

1度目はお寺を継ぐべきかどうか?という問題でした。

過去のブログでも綴りましたが、この時は、

お寺継ぐべきかどうか自分で答えがでなかったので、

だったら、仏教を勉強してみて、自分が教えに納得できるかどうかに賭けてみよう!と考えました。

そしたら、仏教に納得してしまい、

お寺継ぐことに何の違和感もなくなったわけです。

ただし、一つ大きな落とし穴がありました。

それは、お寺継ぐことが自分がやりたい事か?ということです。

正直なところ、お寺を継ぎたいか?と聞かれると、

別にどっちでもいい! 

縁があれば継ぐし、縁がなければ違う道でも構わない。それが正直な答え。

現状は、縁があったので、継いでいます。

あとは、ここに「自分がやりたい事」が乗っかれば、最強となるのです。

折角生まれて来たんだから、やりたい事をみつけて、やってみたいじゃありませんか。

そんな訳で、自分がやりたい事が明確に見えていない時、

やりたい事を探すのではなく、

自分がどんなことをしている時が熱中するか?満足できているか?ということを振り返ってみれば、

自ずと答えに辿り着くヒントになりそうな気がしているのです。

真正面から答えを探してもみつからない場合は、

角度を変えてあげることで、見えてくる答えもある。

私は既に経験済みなのです。(続きは明日のブログで・・・)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です