日記

資料作り

こんばんは 住職です。

いやいや、右奥歯ですが、普段は大丈夫なのですが、

少し気を抜いて物を噛んでしまうと、やっぱりちょっと痛いのです。

たぶん、歯茎を焼いた箇所に、仮の詰め物があたるのでしょう。

それが痛いんじゃないかと思います。

そりゃ、歯茎を焼いたのですから、一日や二日で痛みがなくなるわけないですよね。

一週間くらいは、痛みだってあるでしょう。

なので、酷くならないように、気を使って、食事は左側でしばらく噛むこととします。

きっと12月中旬には、痛みも緩和されるんじゃないかと思います。

さて、私は12月の中旬まで諸々資料を作成しなくてはなりません。

発表と次年度計画書と講演とご法話があるのです。

明後日6日は、朝から発表があるので、資料を作成しました。

さらに、午後からは東京教区の運動の次年度計画書を会議に

かけるので、整えないといけません。だいたい作ったのですが、

もう一点、大事な箇所をどうにかしないといけないのです。

6日を終えたら、翌週のご法話と講演が勝負どころ。

それが終われば、今年の師走は少しホッとできるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です