日記

エアロゾロ感染!? (訂正)

おはようございます。住職です。

最近、寒い日が続きますね。2月だから当然なのですが、今年は暖冬だからこそ、寒くなると非常に寒く感

じます。でも、この寒さこそ平年並みなはずです。真冬の寒さ。

朝、車に乗ったのですが、車の温度計はマイナス2度を指してました。

久しぶりにマイナスを見た気がします。

さて、新型コロナウイルスですが、当初(先月末)の私の懸念していた時期を迎えてきました。

正直、2月に入った頃の状況だと、厳しいだろうな。と思っていましたが、その後、政府がやってくれまし

たね!クルーズ船の乗客を隔離しました。14日間の隔離ですから、現実的に厳しい批判もありそうな

予感はしたものの(私は賛成でしたが)、やはり世間も同じように感じていたのでしょう。

船上の船員さんや乗客の方々に、多くの感染者がでていますが、船上で留まってくれています。

隔離しなかったら、おそらくウイルスが日本国内でも蔓延していたことでしょう。

その後、バスの運転手さんやガイドさんから、さらに第三者にウイルス感染が拡がり、そろそろ感染者が

見つかるころだと思ってましたが、幸い国内で、どこで感染したのかわからない!という方が見つかってい

ません。(見つかっていないだけなのか、いないのかはわからないのですが)あと数日は要注意ですが、

このままいけば、何とか収まってくれるのではないか!?という、ちょっとした期待値があります。

そんな矢先に、中国から「エアロゾロ感染の疑い」と報じられました。

私はエアロゾロって、空気感染だと思ったのですが、そうではなかったのですね。

エアロゾロって、昔聞いたことがあって、つい空気感染のことだと思ってました。

間違って覚えてました。すみません。訂正します。

エアロゾロ感染とは、感染者が出したウイルスが、短い時間だけど空気中を漂い、近くの人がそれを吸い

込むことでも感染する!というようなものらしいです。

空気感染は、感染した人が出したウイルスが、空気中にかなりの時間漂うので、周りにいる人や、感染者の

隣の部屋の人とかでも感染していく!というものです。だから、例えば、新幹線とかだと、同じ車内は致命

的で、別の車両でも、空気の流れでウイルスが拡がり、感染者が多くなる!というものでしょう。

でも今回は、エアロゾル感染もあり得る、ということだから、感染者が出した飛散物にウイルスが残ってい

て、そのウイルスが短い時間だけど、空気中に漂って、近い人が空気と一緒にウイルスを吸い込むことで、

感染するというものらしいです。だから近くにいる人しか感染はしないのですね。

うーん。空気感染の弱くて、時間的に短いバージョンみたいなものでしょうか。ちょっとわかりにくい。

ということで、空気感染とは違うようです。エアロゾル感染っていう報道がある以上、やはり感染者には

近づかない方がいいですね。

今の所、私は当初の見えない恐れから、徐々に状況把握ができてきたことと、その情報が酷くなっていない

(国内の感染者が限定されている)ことを知り、今は少し安堵しています。

もちろん、今後徐々に感染が拡がってきて、4月頃にピークがくるなんて情報もあるので、そうなる予想も

頭にいれつつ、今は貴重なマスクを使い切らないように、生活しています。もし4月頃に本格的に流行して

その時、マスクがない! 2月に乱用して使い果たした!となったら大変だから。

追伸:先ほど近くのスーパーで箱マスクが売ってました。1人2箱まで!と書いてありました。

でも、殺到してなかったし、マスクは今後、買えるようになるかもですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です