日記

不急な会議は延期か中止

こんにちは 住職です。

昨日、新たに都内で新型コロナウイルス感染者が見つかったことや、政府の呼びかけに応答し、

東京教区教務所(築地本願寺)の動きに変化がでてきました。不要な会議や懇親会は中止か延期となってま

す。

私も以前から警戒し、教務所に出勤する時はマスクと眼鏡を着用。車で通ってました。

さらに、先月末から同僚にも「気をつけて!」と脅して(笑)たので、次第に市中感染が現実味を

帯びてくる中で、同僚達も「大袈裟な→あれ!?大丈夫かな!?→やばい」と、徐々に雰囲気も高まって

きたのだと思います。

だいたいお寺の現実は、比較的ご高齢の方が集まりやすい特性もあって、僧侶などが築地本願寺に来る途中

に、電車やタクシーで感染し、自坊に戻ってウイルスを拡散する事態に発展することは想像しやすいと

私は考えています。都内で感染者が確認され、ましてや千葉の若い男性が「発熱後も都内の会社に電車で通

った」と発言している以上、電車は危ないと思ってます。

本当に緊急性が高く、どうしても開催しなければならない会議以外、正直リスクを負う必要はないと考えま

す。私も昨夕教務所に意見を述べ、今朝から動きが変わりました。

こういう所の動きは早いから、素晴しいと思います。今の教務所の対応は、同僚が素晴らしいので、とても

良い感じです。

というわけで、3月上旬までの不急な会議や催しは、延期or中止となってきています。

西照寺も来月の法話会は中止にしようと考え始めています。今週中にはご連絡をまわします。

皆さんも不要不急の外出は避け、なるべくコロナウイルスの爆発的な拡がりを抑える為、気を付けましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です