日記

せっかくなら楽しく過ごしましょう

おはようございます。住職です。

連日、穏やかで春らしい陽気が続きます。桜の花も今日で満開でしょう。

本当に、天候的には素晴らしい毎日です。しかし、コロナの影響で桜も天気の素晴らしさも感じ入る心が

消し飛んでしまいます。とても残念。

このブログでも連日不安な話題ばかりですし、今は少し私の近況を綴ってみようと思います。

近況報告は、最高!の一言です。もう最高です。時間があって、自坊に居続けることができるこの

環境は最高! ただし、今の所は!という意味ですけどね(笑)

3月5日に個人的な「発表」の場があったのですが、その資料作りが最後の私の役目でした。それまでに、

ほぼ仕事は終えられたのです。だから、雑務が溜まっていない。

もちろん、常識的に考えれば、仕事がない=収入がない こととなりますから、そりゃ不安なんですが。

でも、今の現状だけを考えたら、この休みの期間に本を読んだり、自分が興味があったことを調べている

のです。そしたら、おぉ! おぉ!と興奮気味。興味深くて仕方ない。 そんな時間がずっと持ててるんで

す。楽しくて仕方ない。 

私は元来読書は嫌いなので、ゆっくり読み進めています。もちろん、気晴らしもしてますし、コロナの状況

も確認してます。だから、それだけに没頭しているわけではないのです。しかし、何と言うかバランスが

何となく良いのでしょうね。毎日が充実してますし、最高!!!なのです。

不安あるだろ!と思われるでしょうが、何だか私はちょっと違うのです。

生きる為にお金を稼ぐ。それは当然なのですが、それに追われて生きる人生が私はあまり好きではありませ

ん。私もお金に追われてきましたが、そんな生き方は疲れるのです。もう嫌。だからやめました。

折角今、生きていられているのだから、そんな今を楽しく生きたい!そう考えるようなりました。

そもそも、死んだら仏様の世界に往くんだし、仏様の世界では今の自分ではないわけだから、だったら

今の自分を精一杯楽しみたいわけです。そんな貴重な人生の時間をお金に追われるって。最悪。

もちろん、生活していかなければいけないし、お寺も経営していかなければいけないんだけど、

だからといって、「お金」を求める人生なんて嫌。私は違うのです。

そんなことよりも、今の世界をより良くするには。とか、こんなことをした方が、もっと面白い世界に

なるんじゃない!とかを探っていくことの方が楽しくて仕方ない。

もちろん、お金は必要だから、それなりに働くんだけど。ただ、今は任されている仕事が休止状態で、

大腕を振って自坊に居れるし、時間もある。

そんな時間を利用して、私は人生を謳歌しているのです。最高!

新型コロナウイルスに関する報道ばかりで、世間では雰囲気が暗いとか、それを契機に鬱になるとか

言われていますね。理解はできるのですが、私は全くそうなりません。

確かにコロナウイルスの情報は入れなきゃダメ。そして、なるべくなら感染しないように努める。

その為に行動すべきだと思っています。感染してしまえば、亡くなる方もでてきます。

私が亡くなる場合も当然考えられます。

さらに、ウイルス感染を拡大させない為に人が動かなくなれば、消費も落ち込みます。

経済が悪くなるし、経営者は頭を抱え込むでしょう。借財してたら返済もあるし、社員の給与だって

考えないといけない。お金が回ってこなければ、本当に深刻です。経営者は一人でそれを抱え込むんです。

まさに命がけの悩み。雇用されている方だって、仕事がなければ、解雇の心配があります。

家のローンがあったりすれば、解雇されるわけにはいきません。家族を路頭に迷わせるわけにはいきません

。これまで当たり前の事が、この状況になると、有難く感じられますね。

借財にしてもローンにしても、給与にしても、凡そは、順調にいくことが前提で成立していることだと

思います。当然、今日のような非常時を想定しながら成り立っていないのです。

でも、現実は非常時が起こり得るのです。私たちは、非常時にただただ嘆き悲しむしかできない。

仏教は、諸行無常と説きます。諸行無常がこの世の一つの真実だと。

しかし、私達は変わらないこと、あるいは変わったとしても良い方向(成長とか)に変わることを想定して

行動します。悪い方向に変わっていくことは、あまり想定しませんね。だから、借財もローンもするので

す。しかし今回は、残念ながら悪い方向(経済的に退化とか)に変わりつつあります。

変わらないことを求める私たちは、悪い変化を認めたくないし、受け入れたくない。だから悩むのです。

人間、生きていれば悩みは付き物です。お釈迦様がこの世界の特徴を「苦」と表現された通りです。

周りは、そんな不安や悩を抱く人が多くなってくるのです。当事者でなくとも、そんな悲しい情報を連日

聞いていれば、そりゃ鬱になってもいくでしょう。疲れるし、悲しいしね。段々とストレス溜まって心が疲

れてきます。

では、今やるべきことは、心の疲弊を積み重ねることなのか!?

そんなことはありません。私は違うと思います。こんな時だからこそ、非常時の楽しみ方をしないと勿体な

い。

私が言う非常時の楽しみ方とは、上記のような事なのです。もちろん、日常生活ができていて、健康である

ことが前提ですよ。そんな状態の時に、無用に悲観的になるよりも、普段できない行いをし、色々と感じる

ことが大事です。こんな時こそ、普段できなかったことに集中すべきです。例えば、自宅の大掃除だって

いいと思います。時間があるなら、自宅の隅々まで綺麗にしてみる!とか。そして不要な物がでたら、

メルカリに出してみる!みたいな。春だし、自宅から見える景色をボーっと眺めてみるとか、絵を書いてみ

るとか。こんな時こそ、自分が持っている豊かさを確認できるチャンスなのかもしれません。

自分を振り返るチャンスかもしれません。あるいは、物の貴重さに気づけるチャンスかもしれません。

あるいは、人生を振り返るチャンスかもしれません。価値観を振り返るチャンスかもしれません。

足りないものばかりを探すのではなく、持っているもの、普段は意識できていなかった物事に目を向けるべ

きです。それができるチャンスが今だと私は思います。なにより、私自身がそうやっていて思うからです。

この時期を楽しむことで、また社会が落ち着きを取り戻した時、活き活きと復活できると思います。

もし、この時期を楽しまないで、周りからの情報に揺れ動かされ、暗い気持ちで過ごしていれば、社会が落

ち着いたとしても、自分は疲弊したままで、今度は社会から取り残された気持ちとなっていくと思います。

新型コロナウイルスの影響で、非常時という時間を過ごすのです。せっかくなら、私と同じように、非常時

を楽しく過ごしましょうよ。もちろん、感染したとしたら、話は別になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です