日記

運動継続を阻む壁

おはようございます。住職です。

今日から8月。そして今日から夏なのかもしれません。

昨夜深夜ですが結構な雨が降っていて、明け方は止んでました。

そして、晴れ!これはきっと、梅雨があけたのだろうと推測します。

私は今朝、体調が今一だったので、朝の運動を控えました。

たまには休まないと、身体への負担が蓄積してしまうので、ちょっと休みました。

しかも、今日は土曜日でご法事が勤まります。連日足への疲れを蓄積し、そして今朝も無理して

疲労させると、ご法事での正座に響くのです。

運動をしてからというもの、足に疲労感を抱えてご法事をしたところ、読経が終わって立とうとしたら

足がフラフラしてしまい、普通に立てなかったのです。驚きました。

正座から立ち上がる時って、ふくらはぎの筋肉を使いますよね。

そのふくらはぎが言う事きかない。連日の運動でふくらはぎに疲労が蓄積されているのに加えて、

正座によって圧がかけられたふくらはぎに、もはやスムーズに立ち上がれるだけの余裕はないみたいです。

それで立ち上がる時に、フラフラしてしまったのです。その経験から、無理はやめておこう!と思いまし

た。

今月は不思議とご法事やお盆参りが沢山あります。7月は梅雨で結構休んでしまった運動が、違う理由で休

まざるを得ないのかと思っています。運動を始めて早々に、継続を阻む壁が2か月連続で続いてくるとは!

この壁を乗り越えてこそ、本気だと思うので、そこは頑張ろうと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です