日記

慣れ

こんばんは 住職です。

昨日と続けて暖かな一日となりました。寒いのが苦手な私は、とても嬉しいです。

しかし、明日の夕刻から例年通りの気温に戻っていくようなので、我慢です。

私は今朝起床した時、肺の調子が芳しくなかったので、朝のトレーニングはお休みしました。

今は普通です。どうも起床時は調子が芳しくなく、時間と共に普通になっていくようです。

でも、早朝に違和感を感じるのですから、何かしらおかしいのかもしれません。

無理はしないようにしたいものですが。

さてさて、明日から3連休だそうです。私にとっては連休なんて無縁。そもそも世間の曜日感覚とは

かけ離れているのです。もちろん、曜日の感覚は有りますが、土日祝日はご法事が勤まることが多く、

その意味で、お寺は土日祝日が忙しない曜日となるのです。

平日はどうか?と言えば、私の場合は築地本願寺での仕事があります。今はリモートなので、通勤がなくて

身体は楽です。しかし、平日も結構忙しくしているのです。

ですから連休と聞いても、他人事なんですね。私には関係なし!というところです。

しかし、TVを見ていたら、明日からの3連休は「秋の連休は我慢の連休です!」なんて言われてました。

コロナ感染者が全国的に増えてきている為、確かに外出を控えるほうが、全国民の為にもなりますね。

経済も回さないといけないけれど、感染も抑えなければいけません。

秋冬で気温が下がって乾燥してきています。もし、気候が関係するのであれば、ウイルスにとっては

環境が整う季節でしょうから、警戒しなければいけませんね。

しかし、ここまでGO TOトラベルやイートで、外出などに慣れてきてしまって、コロナに対する警戒感が

弱まっていることは事実でしょうね。死者数も多くないので、恐れる人が減ってきているような気がします

。最初の頃は、志村けんさんが亡くなった衝撃もあり、とても気を付けていたと思いますが、

第二波を過ぎた頃から、あまり恐れなくても大丈夫そう!との認識に変わってきているように感じます。

私も当初よりは、慣れてきてしまっていると思います。

そもそも当初のように、外出した後は、2週間ほど自宅で自主隔離生活をしよう!などと発想すらなくなり

ました。4月5月の時は、ご葬儀を勤めさせていただいた後、自坊で一人になって自主隔離の生活をしてい

たのですよ。もし私が感染していたら、家族やご門徒さんにうつしてしまう恐れがある!と本気で思ってい

たので、徹底していました。本堂の一室で、一人で寝泊まりしていたのです。

そんな時に限って、夜中に緊急地震速報で携帯が異様な音をたてて鳴ったりしたのです。しかも3日間で2

回も。あの時は本当に恐ろしかった。結局地震はなかったのです。今思い出しても、携帯から流れる

「テテーン テテーン 緊急地震速報です」というあの音。あまりの恐ろしさに、音を消そうにも消えない

それなりの音量で、一人本堂の一室で寝ている深夜に、あの音で目覚めてしまった時は、それはもう恐怖と

しかいいようがありません。懐かしいですね。コロナが流行し始めた頃は、あんなに緊張感があったのに。

それが今では、すっかり隔離なんかしないで、外出も控えめですがしています。

あの事よりも感染リスクは高いですし、感染が身近なのですが。不思議なものですね。慣れって恐ろしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です