日記

西照寺 文化財鑑賞会

おはようございます。住職です。

いよいよ寒さを実感してくる季節が始まってきたようです。今朝は雨で気温も若干低くなってます。

明日からもっと寒さを感じる気温となりそうなので、覚悟していこうとかと思っています。

新型コロナウイルスの感染者数も猛烈に減って、東京では100人を下回る日が続いています。

この程度であれば、いつも通りの感染対策をして、活動を再開してもいいと思えます。

そこで、西照寺では秋の文化財鑑賞会を再開することにしました。

例年通り文化の日 11月3日に開催をする予定で動いています。

当日、一日の開催です。

このような状況ですから、一応、予約制にしてみます。

できれば、お子様にも見てもらいたいです。

日本刀などもあるので、ぜひじっくりと見てもらい、何かを体感してもらえれば、開催趣旨に合う為

嬉しいのです。

本物から何かを与えてもらう! それを生きる気力にしてもらえるようになるのであれば、最高です。

それだけが願いなのです。

体感できるかできないか、これが非常に重要なのですが、その前に、本物を見る機会がないと感じることも

できません。まずはその環境を整えることから始めています。

今後、新型コロナウイルスの感染者数が飛躍的に上昇しない限り、開催する予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です