日記

西照寺における雪の心配

こんにちは 住職です。

昨日は厳寒でしたね。とても寒かったです。

東京では大雪注意報も出ておりましたが、西照寺では降雪しましたが、積雪は然程なかったです。

因みに、昨日の夕刻の西照寺本堂裏の状態です。

葉っぱの上が白くなってますが、こんな程度でした。16時頃の写真です。

その後、雪は降り続き、夜になると西照寺入り口の坂道の一部分が薄っすらと白くなりました。

西照寺入り口の坂道は、積雪すると、翌日に凍ってしまい、車がスリップして登れなくなってしまうのです

。ですから、大雪予報となる場合、私達はなるべく雪かきをして、車のタイヤが通れるルートの確保だけは

するようにしています。今回は、そこまでにはならないだろうと思っていたので、薄っすらと積もった状態

を見た時には、ドキドキしてしまいました。坂が凍ってしまい、車がスリップするようになったら最後、

凍りが溶けるまで、皆さんは西照寺まで車で来られなくなってしまいます。坂道の下に車を停車し、歩いて

こなければならなくなってしまうのです。

それは同時に、西照寺に住む私達にとっても、ひとたび車で西照寺の外に出れば、戻って来れなくなること

を意味しているのです。(もちろん、スタッドレスタイヤ(スノータイヤ)を履いていれば大丈夫ですが)

私の車は、冬でもスタッドレスタイヤは履いていません。あまり、必要がないからです。

稀に、大雪が降ることもありますが、そんな日はあまりないので、普通タイヤのままでいます。

もっとも、父親の車はスタッドレスタイヤを履いているので、何かあった場合は父親の車で対応できるから

でもあります。

学生時代は、私はスキーにはまっていたので、良く雪山に行っていました。その時はスタッドレスが重宝し

てましたが、今では全く行かなくなってしまいました。むしろ、寒い場所はもう行きたくない。

ですから、スノータイヤの大事さはわかっていますし、雪道の危なさも理解しています。

それを理解した上で、普段私が運転するエリア(特に埼玉と東京)を考えると、お金を賭けて履かなくても

いいや!と思っているのです。万一の事があっても、チェーンがあれば全く心配ないですね。

さすがに、昨日は夕刻から雪が降り始め、18時頃に西照寺入口の坂に薄っすらと積もり始めたので、ちょっ

と心配しました。

稀に、深夜に雪がある程度積もって、明け方に凍ってしまう日もあったことがあります。

深夜だと、私達も寝ているし雪かきもできないので、それが明け方に凍ってしまっては、もうお手上げにな

るのです。昨日は、雪の降り始めが夕刻だったし、18時頃も降っていたし、少しだけ不安はありました。

でも、その後は降らなかったようです。今日には、西照寺入り口の坂道の雪も全くなくなっていました。

良かった!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です