日記

安倍元首相 追悼

こんにちは 住職です。

昨日は驚きました。安倍元首相が凶弾に倒れました。

どんな事があろうと、断固非難したいと思います。

まさか日本でこんなことが・・・と思うと同時に、何故?と思います。

犯人は、「特定の宗教団体に恨みがあった」と言っているようで、安倍元首相がその団体と深く関係してい

ると思い込んで、狙われたようです。報道では、特定の宗教団体と言われていますが、犯人の話しとして

その宗教団体の幹部を狙いたかったが、いなかったので、安倍元首相を狙ったと言っているようです。

そもそも、なぜこの宗教団体が狙われるのか?と言えば、犯人の母親がのめり込んで、多額の寄付を行い

破産し、家庭が壊れた。とのことのようです。

さて、それにしても不自然と思った点ですが、犯人は安倍元首相の背後、つまり後ろから発砲したようです

。しかし、銃撃を受けた安倍元首相は、運ばれた病院のお医者様曰く、前首に2つの弾倉と左胸(前)に弾倉

があったと言われていました。なぜ前側に?

TVで報道されていた映像を見ると、安倍元首相は1発目の銃撃があった時、銃撃された方向とは真逆を向い

てました。違う映像を見ると、その後、ちょっと左側に振り返ったと思った瞬間、2発目の銃撃が。

それらの映像と犯人が発砲した場所を総合的に考えると、犯人は安倍元首相の右後ろから砲撃している

みたいなので、安倍元首相が左側に振り返ったところで、やはり弾倉を受けるとしても、後ろ側でないと

不自然だと思うのです。

もし考えられるとするならば、弾丸が何かにあたって跳ね返って、安倍元首相にあたることか。

仮にそうであったとしても、それならば、他の人に当たっていても全然不思議ではありません。

むしろ、一回の発砲で複数の弾丸がでる仕組みというのだから、それこそ、複数人けが人が

でていても不思議ではないのに。

それなのに、安倍元首相にだけ、しかも正面側からあたったような報道で、違和感を感じているのです。

私の理解がおかしいだけなのでしょうか? とても不自然だと素人ながら思っています。

それにしても、本当にショッキングです。何なんだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です