日記

コロナ その後

こんにちは 住職です。

朝から発熱し、コロナの陽性結果がでたのが、2022年の7月16日。

その後、10日間の自宅隔離期間を経て、7月26日に隔離解除。

その後、日を経る毎に、咳が酷くなっているような気がし、今朝は大きく息を吸い込むと

むせるような感じで、咳き込むこともあり、まるで幼少期にプールに入った後のような感覚を

抱き、かかり付けのクリニックに電話し、診てもらえるか問い合わせしました。

すると、診察くださるとの事で、朝から行ってきました。

最初は外で先生が診察室に入って大丈夫かどうか?の軽いチェックを受け、OKをもらい診察室へ。

症状を伝え、背中に補聴器をあてていただき、念のため、肺のレントゲンを撮っていただきました。

結果は、肺はキレイでした。良かった。本当に良かった。

先生のお話では、おそらくコロナによって、咳喘息に近いような、気管支に炎症を誘発したのでしょう。

との事で、3日後に再び診療してもらえることとなり、吸入薬など、一通り薬を頂きました。

どうやら、コロナのウイルスがまだ残っているわけではなさそうでした。

感染者が急増し、医療へのアクセスも滞りそうな感じだったので、申し訳ないとは思いつつ、もし肺炎に

なりかけているのであれば、早めの対処が良いだろう!と思って、受診してしまいました。

結果、その心配はないようで安心しました。

それにしても、私はてっきりウイルスが残っているものだと、自分の体調から理解していましたが、

どうもそうではないことが判明。まったく自分の感覚であっても当てにならないものだな!と思いました。

喘息系の症状が治まることを期待し、無理せず、しっかりもう少し療養したいと思います。

ご心配をおかけしますと同時に、他人様に感染させることはなさそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です