日記

カロリー制限食

こんにちは 住職です。

今日は、ようやく暖かな良い天気となりました。なので、朝からwalkingをしてきました。

今は、減量目的のwalkingではなく、健康維持の為のwalkingとなっています。

なので、週に3日程度で良いと思っています。

これまでは、健康維持+少しでも減量できたら!との思いが混ざってましたが、

これまでの3年の経験から、本当は運動で痩せられればいいのですが、walking程度では大して減量できな

いことがわかりました。

振り返りますと、コロナ禍に入って在宅勤務が普通となり、外出することがなくなり、体重が増加したこと

に気づいた2020年6月頃、この時は食事制限と4キロ程度のwalkingを4か月程度、ほぼ毎日続けました。

すると、6キロ減量できました。身体的に無理をかけたのか、咳喘息を再発し、減量を中止。

普通の生活に戻し、walkingもやめてしまい、半年経過。2021年4月末、体重を計ったら5キロ増。

慌てて、5月からwalkingを再開。少しの食事制限とほぼ毎日のwalking(この時から7キロに増やしまし

た)を4か月続け、再び5キロ減量に成功。2020年の咳喘息の再発を恐れ、9月から食事も普通に

食べて、walkingも休止したのです。その後、半年ちょっと普通の生活をし、2022年3月に体重計

に乗ったら、4キロ増となっていました。

再び絶望し、4月から4か月、今度は食事制限しないで、walkingのみ続けてきました。

7月にコロナ感染するまで継続していたのですが、walkingだけだと減量は3キロ止まり。

コロナ感染により、walkingを断念し、身体を労わりすぎる生活(なるべく動かないで身体を休める)を

続けていました。後遺症が嫌だったので、極力無理しない日々を意識して2か月を過ごしました。

そうして、10月中旬に再び体重計に乗ってみたら、見事に3キロ増えていたのです。

この時、あまりの絶望と、何度も繰り返す体重の増減に対し、完全に私のスイッチが入ったのです。

walkingだけでも、少しは減量できるのですが、食生活を変えないと、ちゃんとした減量はできない!

と強い気持ちで食生活を見直す覚悟が定まりました。

そこで、食べない減量は年齢的にも無理なので、食べるけどカロリー制限を意識する食生活を取り入れた

のです。今は、一日の一食は、カロリー制限食にしているのです。ただし、お腹いっぱい食べます。

それを始めて10日間ほど経過しましたが、ようやく慣れてきました。

慣れてきたから、今度は身体の健康だけを考え、walkingを再開したところなのです。

正直、10日ほどで変化はないだろう。とは思ったのですが、体重計に乗ってみました。

そしたら、ビックリ。1・5キロ減っていました。(もちろん、一時的なのでしょうが)

そこで思ったのです。

あんなに大変なwalkingを毎日続けて1か月でようやく1キロ減るのに、カロリー制限食を一日一食

続けるだけで、しかもお腹いっぱい食べられるのに、10日間で1キロ減るんだったら、やはり

減量は摂取カロリーを気にした方が有効的なんだ!と。

カロリー制限食は、取り入れた際は、張り切り過ぎた面もあって、慣れるまでは体調に違和感を覚える日も

あったのですが、今は段々と慣れてきて、その違和感もなくなってきました。

今は時々お菓子も食べています。もちろん、ポテチ4枚とか、チョコクッキー一枚とか。ごく少量です。

体重が増えてしまうのは、やっぱりカロリーの取り過ぎなのです。

基礎代謝以上に摂取したカロリーは、なかなか消費できません。基礎代謝より300キロカロリー程度余計

位であれば、walkingで消費できると思いますが、それ以上の余分なカロリーを摂取してしまうと

相当ハードな運動しなければ消費しきれません。年齢が上がれば上がるほど、そんな運動は不可能です。

だったら、最初から摂取カロリーを制限するべきだったのです。

現代社会では、美味しい物はだいたい高カロリー。しかも凄いカロリーなので、簡単にカロリーオーバーに

なってしまいます。だからこそ、普段は質素な食生活が大切なのでしょう。

一日一食、カロリー制限食を意識するだけで、だいぶ違うんだなぁと思わされている今日この頃です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です