イベント日記

西照寺報恩講

皆さん こんばんは 住職です。
本日は西照寺の報恩講をお勤めしました。
報恩講とは、宗祖であられます親鸞聖人のご命日を機縁として
行われる法要です。以前ブログに書いたような気もしますが。
詳しく申しますと、親鸞聖人が残してくれた教えによって、
私が浄土真宗の教えと出遇うことができたのだ!と喜ぶところに
親鸞聖人へのご恩が感じられます。
すると、そのご恩に報いようという心がおこります。
どう報いるのかといえば、浄土真宗の教えの根本であるお念仏を周りにひろめることであったり
私がお念仏を称えることであったり、報い方は様々でてきます。
そのようなことを、親鸞聖人のご命日を機縁に報恩講というかたちで 法要を勤めるのです。
因みに、親鸞聖人のご命日は旧暦の11月28日。新暦になおすと1月16日となるのです。
西照寺は旧暦の日を報恩講と定め、法要をしております。
さらに、浄土真宗本願寺派の本山 西本願寺では、新暦の1月16日にお勤めされます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です