日記

LAND CRUISER  年代物

おはようございます。副住です。
昨日はご法事があり、親戚の方が福島から来られてました。
お話すると、この方福島から愛車で来たとの事。
その愛車がこちらです。

32年間乗っているランクルだそうですヽ〔゚Д゚〕丿スゴイ
先日、大阪の工場にメンテナンス?(ボディなど特注で作ってもらい、全てを蘇らせたとのこと)
福島の雪道でも山道でもバリバリだそうです。
格好いいね。
さらに横には、屋号が・・・

お寺に車が入って来た時には、てっきり芸能関係者かと思いましたが・・・
お聞きすると、福島で営んでいるお店の屋号なんだとか(゚д゚)
今時 屋号を持っているなんて、凄い方だなと思いました。
ご本人曰く「目立つじゃろ!来る時も皆が見よる。こんな車他にありゃあせん」と。
確かに目立つけど、「松竹」だけ見ると、誰も屋号だとは気づかないだろうな。と話して盛り上がりました。
因みに、女の子のお孫さん(11歳)と来ていて、そのお孫さんはいつもこの車に乗っているので
免許をとったら、この車を乗るんだと言っているそうです。おじいちゃんは譲れるように 維持していくのだそうです。
おじいちゃん(車の所有者)とお孫さんの約束を教えてもらいました。
なんだか、お念仏の伝わり方を思わされました。
お念仏もこんな風に 代を紡いで伝わっていくべきものなのでしょうね。
お念仏の生活という後ろ姿を後の世代が見る。こんな生活っていいなと思われ 真似をする。
そんなサイクルが続くことを願うばかりです。
そんな言葉聞いたことあるな。 ごしょうに~ん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です