日記

クリスマス

こんにちは 副住です。
世間ではクリスマスというイベントが賑わっております。
お寺ではクリスマスはありません。
ツリーも飾らないし、ケンタッキーも食べません。
ケーキも食べない・・・でも食べる時はあります。
周りからは寂しい感じに思われるかもしれませんね。(笑)
ただ、子供にとってクリスマスはプレゼントをもらえる日。
ワクワクの日だということも私はよく理解ができます。
そんな嬉しい気持ちをわざわざ奪い取るのも可愛そうだし、それが原因でお寺嫌いになられても困るので、
プレゼントは買ってあげます。今年はDSをねだられました。・・・ゲームは適度にやってね。
さて、お寺ではクリスマスをしないというのが、基本スタイル。
なぜしないのでしょうか・・・それは、イエス誕生を祝する宗教行事をあえてしなくても良い!という考え方があるのだろうと思います。
しかし、私は今思ってしまったのですが、別に祝してもいいのでは!?
イエスさんは偉大だと思いますし、誕生してくれて良かったんではないのでしょうか。
僕はお釈迦様と親鸞聖人が誕生してくれてとっても良かったと喜びます。
その喜びをキリスト教の方がよかったね。と言ってくれると、とても嬉しいと思います。
お互いがお互いの道を認め合うことも大切かもしれません。
そう考えると、喜ぶまではしなくとも、その雰囲気を認めていく素地があってもいいのかもしれませんね。
意気地になって、クリスマスをしない!と徹底するよりも、したければすればいいし、必要ないならしなければいいのです。
因みに今年の西照寺はクリスマスしません。今日は午後から築地でお仕事です。

クリスマス” への1件のフィードバック

  1. お互いに相手を・・・、大賛成です。甘党の小生、クリスマスにあやかりケーキを食べました。
    ところで、お嬢さん、DSですか・・・、先日、たまごっちを操り、生まれた!と叫んでいました。どこで育てるの?と尋ねると、山口でと嬉しそうでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です