日記

研究者懇話会

こんにちは 副住です。
昨夜は私が非常勤で務める総合研究所東京支所が事務局を務める行事
研究者懇話会が開催されました。
この会は首都圏で活躍する本願寺派に属する研究者(主に大学教授や研究機関に属する先生が対象・分野を問わず)が集い、
年間二回、会を開いて親睦を深めていくというものです。
会では、親睦会の前に講義が開かれます。
選ばれた会員(毎回1名が発表)が自己の専門内容の講義(主に自分の専門と仏教との関わりをイメージした内容となる)をしてくださいます。
発表いただく先生の専門分野は様々なので、毎回とても面白いものとなります。
これまでは竹橋にある学士会館で行ってきたのですが、
今回は武蔵野大学有明キャンパスを会場として行われました。
武蔵野大学は本願寺派の関連学校なのです。
三鷹にキャンパスがあるのですが、最近有明にキャンパスを増設しました。
武蔵野大学有明キャンパス
オリンピックも決まったことで、尚更とてもよい場所となりました。
学院長や学長のご好意を賜り、今回の会はそちらで行うことができました。
会は夜に行われるので、有明キャンパスには夜景が拡がっていました。とても綺麗です。
131225_171112
しかし、クリスマスということもあってでしょうか、私は準備の為、車に乗り東松山を13時にでたのですが、
築地に着いたのは16時を回ってました。凡そ3時間かかったことになります。(休憩なしです)
大渋滞。私の中では新記録です。その後、17時に有明に入り、21時の閉会後、後片付けを終え、22時頃有明を出て、23時半過ぎに帰宅できました。
今日も築地で予定があるのですが、車ではいきたくありません。
さすがに疲れが溜まっています。今日が終われば、今年は外にでかけていく予定はありません。
あとは溜まっている雑務をこなすだけです。(まる2日はかかりそう)
それらが終われば、大掃除だけです。きっと31日は休めるんじゃないかと期待しているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です