日記

お寺 マネジメント

おはようございます。副住です。
今日は雨、寒いですね。
さて、今月は年度末です。4月からは新年度なので、西照寺もいよいよ行動の年にしていくこととしました。
1月からの活動には間に合わなかったので、新年度という機会を活かし、活動を企画しました。
未来の住職塾に通いはじめてから3年が経ちました。
塾には1年通いましたが、その1年でお寺のマネジメントの仕方について色々と勉強しました。
卒業してからの1年で、塾で学んだことと、お寺の現実を照らし合わせながら、西照寺の現状把握や今後の方針などを考えていました。
(もちろん、多少の行動はしないといけないと思ったので、イベントはしたりしました)
そして来月になると、塾を卒業して2年が経緯をすることとなります。
(塾に通い始めた年を1年目とカウントするなら新年度で3年目が始まることとなります)
巷でよく言われるのが、「3年で一区切り」だそうです。
3年目は成果の年なのだそうです。社会の先輩よりい教えてもらったことです。
そのような意味で、一つの成果となったのではないかと思うことは「西照寺 終活」を始められること!です。
この2年ほどで、これまで行ってこなかったイベントを 若干行ってきました。そこで学んだことがあります。
それは、こちらが思うほど、人は集まってくれないということ。
おおよそ、こちらの勝手な予想の半分から3分の1程度の人数しか来てくれません。
(もちろん、宣伝の仕方の問題など反省すべき点が多々あることも学んでいます)
ですから、この「西照寺 終活」も内容的には自信がありますが、興味を抱いてくれる方は少ないでしょう。
でも負けずに続けていきます!
今年が1年目ですから、あと2年でたくさんの人に来てもらえるような講座にしていきたいと考えてます。
もうすでに課題ができています。それは宣伝方法。チラシやネットでの宣伝はしますが、一番の宣伝はクチコミでしょう。
クチコミが増えるような楽しい内容を実現することが、目下の位置づけです。宣伝方法の問題は時間がかかることなので、
現在解決できる問題ではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です