日記

増税前

こんにちは 副住です。
昨夜から西照寺には風が強く吹いております。
外にあるお参り用のゴミ入れが倒れているくらいの風です。
このゴミ入れは 急風で倒れないよう、場所によって木に紐でくくりつけたり
手すりに紐でくくりつけたりしています。
でも今朝、ひとつのゴミ入れが倒れていました。(紐が切れたのでしょう)
さて、明日から増税ですが、これまであまり実感がありませんでしたが
何故だか昨日くらいから、ソワソワし始めました。
何か買っておくものはないのか? 何か今できることはないのか?
そんなことを思い出しました。
明日ありと 思う心の あだざくら 夜に嵐のふかぬものかは
(親鸞聖人が読まれた歌とされているものです)
意訳は、明日が変わらずくると思っている私の心ですが、満開の桜でも、夜に嵐が吹き荒れれば 散ってしまうでしょう。
つまり、諸行無常ということです。
教えに照らしてみれば、毎日が貴重なはずなのです。
でも毎日が諸行無常だからといって、毎日ソワソワするというのも大変そうですね。
仏教を学んでいたスティーブ・ジョブズさん(アップル社の創始者でiPhoneとかでも有名)が残した言葉があります。
毎日朝起きて、今日死ぬことを考え、それから今日何をすべきかを問い、必要なことをしなさい・・・こんな内容の言葉を残したそうです。
また、死は人類の最大の発明である というような事も言われたそうです。
(上記、すべて確認してません。ただ、そんな内容のことを言ってます)
まさに、ご名答です。これこそ仏教に照らされた生き方でしょうね。
そんなことを思うと、増税前という時期だけソワソワしている自分が情けなくなりました。
本当は毎日、今できることは何なのか!という気持ちで大切に過ごす必要があるのです。
仏教に照らされた生き方を!!(自分に言い聞かせ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です