日記

ダライ・ラマ 輪廻転生制度 廃止 (と9・11 あの時)

おはようございます。副住です。
今日は9・11です。
2001年の私の誕生日の翌日、アメリカで同時多発テロが起きてしまいました。
あの時の衝撃は忘れられません。
当時は大学院に通っていました。9月11日は夏休みでした。
2001年、大学の夏休みに入る前、同じゼミの後輩O君(実家は鳥取のお寺)から相談をされました。
「鳥取にあるお寺の集まり(対象は坊守(お寺の奥様方))の研修会で、華道の研修会をしたいと決まって、私に誰か講師を探してきなさい
と母から言われたのですが、講師をしてもらえませんか?」との内容です。
実は私、学生時代は華道部に所属していたので、そんな相談を受けたのです。
(因みに私は不真面目だったし、下手でした。とても講師なんて勤められないと返事をしました)
後輩もお母様から任されているので、引き下がりません。仕方がないので先輩を紹介することとなりました。
華道部の先輩に、大学卒業後 華道の専門学校に進学した方がいたので(この先輩もお寺の跡取り)、その先輩を紹介してあげたのです。
すると話は展開し、2001年9月11日に鳥取で研修会が行われることとなったのです。
先輩は、自分一人ではつまらないのでという理由で、私ともう一人の後輩S君(因みにS君も華道部で私の後輩、さらにO君とは同級生)
に鳥取までアシスタントとして着いてこい!と命令しました。(私と後輩のS君は完全なるトバッチリです)
結局、後輩O君が運転する車に、先輩と私と後輩のS君が同乗し、9月11日の朝、鳥取まで行くことに。
その後、研修会を無事に終え、鳥取の旅館で一泊することに。
ちょど私と後輩S君がお風呂から部屋に戻った時だったと思います。時間は夜の10時前くらい。
先輩がTVを普通に見ていて「すげえねえ」(先輩は山口の人)と言ってました。
画面を見ると、ビルから煙が。最初は事故だと思ってました。しばらく見入っていると、ペンタゴンにも墜落との情報が。
さらにもう1つのビルにも飛行機が・・・唖然としました。世界が終わるんじゃないか。と思い、家族に電話をした覚えがあります。
悲惨な事故。今でも鮮明に覚えています。あれからはや13年。世界は変動を続けています。
そういえば、これも凄い変革。
ダライ・ラマ 450年の輪廻転生制度を廃止
とのことです。背景には中国との関係もあるようですが、これは大変な変革です。450年続いてきた伝統を廃止するとのことです。
チベット仏教にとって 大きな変革。私はとても残念です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です