日記

ご記帳

おはようございます。副住です。
更新が2日も途絶えてしまいました。
今日まで、忙しない日が続いてきたので、更新が途絶えた気が
してません。
さてさて、土曜日の2日ですが、自坊のご法事を住職にお願いし、
私は築地にある圓正寺さまに行ってまいりました。
圓正寺さん とても雰囲気のある素晴らしいお寺さんです。
築地市場(場外)のお店が立ち並ぶ中にあるお寺さまなのです。
なんでそんな所にお寺が・・・と思われるでしょうが、
もともと、築地といわれる場所は、その昔し浄土真宗本願寺派のお寺関係者が
海を埋め立てて築いた土地。
なので、あそこには、多くのお寺(50寺くらい)が連なっていたのです。
西照寺の住職の実家のお寺も、もともとは築地です。(今は引っ越して調布に)
それが関東大震災によって、多くのお寺が消失しました。
その際、東京都は区画整理を目的に、築地の場所に市場をつくる計画を進め、
多くのお寺は引越しをしていきました。しかしその時、移転を選ばず、そのまま
残られたお寺さんも数件あるのです。
その一つが圓正寺さまなのです。だから、お寺がもともとあって、そこに市場がで
きた・・・という構図。
2日は、圓正寺さまでお盆の法要が勤まりました。
その法要で、「話をしろ!」(法話=説法のこと)と
ご住職様に言われたので、行ってきたのです。
圓正寺さんに入り、控え室に通されると・・・こんなものが置かれてあります。
IMG_0038
わかりますか? これは私が大嫌いなものなのです。
これは、話をした講師(2日は私が講師となるのですが)の名前を記載するもの
なのです。『御講師芳名帳』というのですね。
私など名前を残すような者ではないのですが、ご住職様が「ご記帳くださ
い・・・」と。(>_>) (>_>) (/ω\*)
だから、「下手なんだって!」・・・
ご住職様が部屋から出て、私一人になったので、取り敢えず隣にある箱を空けて
みました。
IMG_0039
やっぱり!・・・って言うか、「だろうね!」と心の中で叫びました。
筆と墨。・・・数分悩んでいましたが、書かないわけにもいかず・・・
覚悟を決め、筆を持ち墨汁をつけ、芳名帳を開き・・・・・・・(>_<)
私は字が下手なのです。大の苦手。因みに絵も下手。よく人から笑われます。
自分で書いてみても、小学生が書いたよりも下手なんじゃないか!?と思います。
この日も何とか書いたのですが、自分で書いた字を確認すると、心の声が聞こえて
きました。「お前、この字、よく恥ずかしげもなく書けるな!」とのものでした。
そんな心の声に、もう一方の自分が「書きたくて書いてるんじゃない、書かざるを
得ないのじゃ!ヽ(`Д´)ノ」と答えていました。自分の心が分裂し、格闘していたの
です。数分の格闘の末、勝者は「書かざるを得ないのじゃ!ヽ(`Д´)ノ」との心の声
となりました。「私が悪いんじゃない!」と言われた気がして、私の心は、なんと
か平常に戻り、落ち着きを取り戻せました。法話の前に、こんな苦労をすること
で疲れ果ててしまいました。その後、自宅に帰宅すると、今度は、高校時代の友人
が「今からお寺に遊びにいくから、話を聞け!」と電話があり、
22時頃まで色々と話をしました。
その後、3日は比企青年会議所の例会があったし、用意を終え就寝しました。
明日は、3日の例会のお話をいたします。
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です