日記

お寺を継ぐ 副住職の決め方

こんにちは 副住です。
昨日からの続き。
お寺を継ぐ・・・という、これまでは当然と思っていたことに疑問符を抱く。
そんな日々が続きました。
でも、お寺を継ぎたいとか継ぎたくないとか、自分の気持ちが判らなかったです。
これは辛いものです。
お寺を継ぎたくない!と思えれば、まだ楽です。自分の意思があるわけだから。
さらに、やりたい仕事なんてものが、ちょっとでもあるのであれば、尚更良いです。
そうであれば、これまで私を育ててくれた両親や門徒さんに謝りながらも、
お寺を継ぎたくない!という説明ができます。(もっとも、門徒さんが許してくれるかは別問題ですが)
しかし、私にはこれがありませんでした。
かといって、継ぎたいか!?と聞かれると、これまた悩みどころ。
継ぎたいという意思も、あまりない。
こんな状況では、判断できないのです。
そんな状況で、2年を過ごしました。(今から思えば、大人になる階段だったのですね)
1年目は、足りない見識で何とな~く考えました。
2年目になると、考えが深まって、真剣に悩んでいました。
2年目を過ぎるころ、私なりに打開策を思いついたのです。
それは、お寺を継ぎたいか継ぎたくないか、自分でもわかならいで2年が過ぎた。
だったら、お寺の根幹である、教えを学んでみて、自分が教えに納得したならば、
お寺を継げばいいし、納得できなければ、お寺継げません!と自信をもって言えるはず!!!と。
今から振り返ってみても、素晴らしい妙案でした。
ただし、勉強は大嫌い。でも、真剣に考えてだした結論です。
さらに人生をかけたチャレンジです。
大の勉強嫌いの私でしたし、これまで勉強をしたことない私でしたが、
それから真剣に教えと向き合う必要があると考えたのでした。
でも、さすがに勉強をする決心が鈍りました。だって、勉強するの大変だから。
大学3年になる時です。大学3年から、ゼミというものがはじまるのですが。
ゼミとは、専門をより深く学ぶため、担任となる先生(教授)を選び、
その先生を希望してきた(学生に人気のない先生の場合、抽選で人気のない先生のゼミに送られてくる人もいる)
学生が集い行われる講義です。
ゼミを選ぶ際、第三希望まで書かされるのですが、
さすがに勉強するのが怖くて、私は第一希望・第二希望は「楽だ」と評判の先生を選び、
第三希望に昨日綴った、問題提起をした先生の名前を書きました。
もし第三希望が通ったら、勉強しろ!との流れなのだ!と覚悟を決めるしかない!と思ったのです。
時の流れに身を任せ、待ちました。
結果は第三希望となってました。勉強しよう!と覚悟がきまりました。
続きはこちら↓

お寺を継ぐ・・・副住職の転機

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です