仏事・情報・更新大谷浄苑情報情報・お知らせ

雲龍山 西照寺 (山号)

こんばんは 副住です。
今月に入り、ずいぶん寒くなってきました。
西照寺は里山(人の手の入った森や林)にあるお寺です。
里山の「山」には本来的な意味として「祖霊が棲むところ」
「人間を超越した存在の居場所」などの意味があります。
つまり、昔から「異界の場」だったのです。
お寺にはふさわしい場所なのです。
因みに、お寺には山号(サンゴウ)というものがあります。
有名なのは、比叡山延暦寺(ヒエイザンエンリャクジ)。
高野山金剛峯寺(コウヤサンコンゴウブジ)など。
昔は、お寺の名前の前に、山の号がつけられていたのです。
山の名前をつけることで、どこにあるお寺なのかが解ったからです。
つまり、山が住所のような役割を担っていたわけです。
ですから、お寺には山号があるのです。
由緒あるお寺であれば、山号は実物の山の名前がつけられています。
しかし、実際にない山の号をつけているお寺も多々あります。
おそらく、山の名前ではなく、地名であったり、名字であったり。あとは何だろう?
因みに、西照寺は雲龍山(ウンリュウザン)という山号をもっています。
でも雲龍山は、たぶん実物の山ではないでしょう。何故、雲龍山がついているのか
私にも解りませんが、何だか、力士の名前みたいですよね。
今は大谷(オオタニ)という地名に西照寺が引っ越してきたので、
いずれ、大谷山(オオタニサン)と改名したいな、と私の代で考えているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です