日記

原稿作成の苦労

おはようございます。副住です。
昨日は、近年久々に経験した困難でした。
本願寺新報の記事が全然かけない。
9時間ほど、たった1000文字書くのに
時間がかかりました。
もちろん、9時間ずっと書いてるわけではありません。
何を書こうか、悩みながら新聞読んでみたり、ウロウロ
歩き回ってみたり。横になってみたり。
しかし、どんな時でも頭で気にしている。
ちょっと文字に起こしてみては読み直し、ダメだったら消す。
そんなことを繰り返している時間が9時間です。
よくTVドラマなどで、作家さんが原稿を書くのに悩んで、
紙に試し書きしては、クシャクシャにしてゴミ箱に捨て、
悩んでいる場面があります。まさにあの状況。あんなことを
9時間やってました。本当に作家の心労がわかるよ。
結局夜の22時くらいに原稿を何とか書き上げ、メール送信。
しかし、不安しかありません。今後の編集作業がどうなるのか。
昨日本当は、久々の休みの日(17日ぶり)だったのですが、
このような雑用がある時は、休みなのにお寺の書斎で
仕事をこなします。
普段、レジュメ作りや原稿作成などは、ちょっとした時間を
使いながら、上手く完成させています。
だから、1日使って作業をするなんていうのは、皆無なのです。
しかし、昨日は久々に苦労しました。
何だか休みっていう気分に全然なれなかったな。
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です