日記

転換期

おはようございます。副住です。
9月まで、西照寺と東京教区(浄土真宗本願寺派の行政エリアで
東京都・埼玉・神奈川・千葉・群馬・栃木・茨城・山梨・静岡。
それらのエリア内にある浄土真宗本願寺派のお寺(約470カ寺)
を東京教区内寺院と呼ぶ。東京教区を統括する事務所が築地本願
寺内にある教務所という部所。私はそこで非常勤職員をしてま
す)
の今後の方向を具体化していく大きな山場を迎えるのです。
というわけで、私は9月まで最悪の状況。
つまり、人生をかけるほどの状況が今の時期となったわけです。
西照寺と東京教区の今後がかかっているので、ミスは許されない
のです。失敗できない。
ここを失敗すると、後で取り返しのつかないことになるのです。
そんな状況、西照寺だけでも手一杯なのに、なぜか東京教区も
時を同じくして、そんな状況となった。
私は自分でも凄い引きをもっているな!と呆れてます。
ハッキリ言って、私の予想外。当方としては計画してない時に、
周りの状況によって、ちょうど今(9月くらい)!という時間に
西照寺も東京教区も時を同じくして、大きな決断をしていかない
といけない状況を迎えてしまうというわけです。
そんな時に、JCも重なってくるし。
正直、JCには申し訳ないのですが、最低限の役割しか
こなせない状況となるつつあります。
だって、大事なのは仕事だから。
そんな時に、JCも変革期で今が一歩先に進めるかどうかの
転換期。本当になんでもかんでも最低です。
時期が。。。
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です