日記

切羽詰まる

おはようございます。副住です。
昨日は日中に、本願寺新報の記事を作成し、夜は
比企青年会議所の理事会でした。
本願寺新報の記事が中々書ききれず、今も最後の締めを
作成中。おおよそ書いたのですが、最後が肝心。
あと150~200文字ほどが書けておりません。
昨夜の理事会に臨むにあたり、事前に資料確認を行わねば
ならず、夕刻近くから、出来上がらない原稿の執筆を諦め、
理事会に備えました。こういう部分が大変なんです。
しかも、JCの理事会から24時以降に帰宅するという状況。
正直、仕事を優先しなきゃいけないのに、JCもやらなきゃいけな
い。こういったどうにもならない環境に身を置くと、どうにもな
らない環境への耐久性がつきます。こういった状況に置かれるか
らこそ、切羽詰まって頭が同時に考えだすようにもなります。
あっちに気を回しながらも、こっちもやる。しかし、失敗はでき
ませんから、慎重にやる。つまり不器用が器用になるのです。
そういった意味からすれば、大変な環境に身を置くことで
自己成長が自ずとはかられるのかもしれません。
さて、本願寺新報の原稿提出は今日までと依頼されているのです
が今日は築地本願寺で一日会議やら仕事があり、おそらく夜まで
手があかないでしょう。う~ん。困った。今日も深夜まで取り組
むけど、良い締めが出来ないといけないし、もし書けたとしても
今度は、文章校正など可能な限り、自己編集をしないとダメです
そうなると、明日も若干の時間が欲しいところ。
しかし明日も築地本願寺にて、参加しなくてはならない行事があ
るのですが、事情を言って代役をたて、執筆に時間をとるしかな
いと思っています。う~ん、この200文字が大変なんだ。
苦労してます。何とか、一日提出を遅らせてもらえるよう、先方
に伝えなきゃ。(-_-;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です