日記

お寺で文化に触れる

おはようございます。副住です。
昨日の続きです。
その場合、関連がある山の裾野部分に広がる「文化」を
見つけないと意味がありません。
関係がない全く違う山の裾野部分に広がっている「文化」
に注目しても、意味がないのです。
 
だから例えば、西照寺であるならば、浄土真宗本願寺派
という「教え」の裾野に広がっている文化。
あるいは、西照寺の住職一族という「家」に伝わっている文化。
あるいは、埼玉県東松山市という「地域」の裾野に広がっている文化。
これらに着目することで、またはミックスすることで、
他のお寺と違う、独自の「文化」を掘り起こすことができると思うのです。
あとは、見つけた「文化」が如何に多くの人々の関心を引き付けるものに
アレンジできるのか?
そこは、工夫や手腕となるのでしょう。
今の私の今後のやるべきことなのです。
因みに、西照寺文化財鑑賞会も、その一つとしての意味もあるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です