日記

お寺とコンビニ

こんにちは 副住です。
昨日は山梨県に行ってきました。
移動教務所です。
やっぱり、遠いですね。
山梨県は、今後10年か20年ほどたつと
人口が60万人になるのだそうです。
人口減少がとまらない。。。という訳だそうです。
そもそも人がいなくなると、お寺も不要になってくる。
今後は、お寺の合併なども考えていかないといけない時代。
難しい問題ですね。
お寺はコンビニと違って、次々に閉店とか開店とかできません。
因みに、先日TVでやってましたが、コンビニ大手のセブンイレブン
は2万店舗前後だったと思います。コンビニの中でも一番数が多い。
ファミリーマートもローソンも、1万数千店。
ですから、コンビニの数は、5万店舗前後くらいでしょう。
しかし、お寺は宗派を問わないで全国に7万あるといわれています。
コンビニよりも2万も多いのです。
つまり、セブンイレブンの数(2万)だけ多いことになります。
コンビニは身近に感じるし、どこでもあるイメージです。
都会や町中では、コンビニがちょっと歩くと、次々にあります。
対して、コンビニのように、都会にお寺が次々とあるイメージは
ありません。
しかし、数的にはコンビニよりもお寺の方が圧倒的に多いわけです。
となると、お寺は田舎に多くあることがわかりますね。
コンビニは田舎にはあまりありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です