日記

本物とは何か(その2) 

おはようございます。副住です。
さて、私たちが日常生活で使用している「本物」と「偽物」との
言葉は、何気なく使われている言葉でもある。
例えば、ブランド物の小物をイメージして欲しい。
グッチのバックとか、ルイ・ヴィトンのお財布とか。
専用店舗に行けば、数万円や数十万円、物によっては、数百万円
もするような高額な商品が陳列されている。
一方で、インターネットで探していると、同じようなブランドの
見た目なのに、数千円などで売られている場合がある。
見かけが、お目当てのブランドのように見え、格安だったので購
入してみたが、手に取ったら専用店舗の商品と、感触が異なる。
あるいは綻びが見つかった。あるいは細かな部分のデザインが
違っていた。・・・友人に話したら、それ「偽物」だよね。と言
われた。
普通によくある話だ。この時使われる「本物」と「偽物」の言葉
の内容は、当該ブランド品であるかどうか。
「本物」は、当該ブランド品の商品。
「偽物」は、ブランドを真似した模造品のこと。
この場合の「本物」の定義は、「当該ブランド品」ということで
あるから、定義がはっきりしている。
このような場合の「本物」という言葉の意味は分かりやすい。
因みに、当然だが「本物」は商品そのものが良くて、
「偽物」は粗悪なものが多い。
私は今まで「偽物」が「本物」を上回ったという商
品を見たことがない。
さて、問題なのは、これらの意味とは別に「本物」と
いう言葉が使われる時があることだ。
例えば、「あの人は本物だ!」!などと言う時である。
続きはこちら
本物とは何か3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です