日記

東京仏教学院の講師は辞退

おはようございます。副住です。
今日は東京仏教学院の講義があります。
今日を含め、講義はラスト2回です。
東京仏教学院とは、築地本願寺内にある浄土真宗本願寺派
の夜間の学校です。詳細はこちら
東京仏教学院
私はご縁をいただいて、30歳の頃から講師を続けさせて
いただいております。もう10年以上となりました。
講師は、毎年更新を依頼され、継続するような形です。
私は、昨日のブログでも記載したように、現状色んな関りがあ
り、忙しなくなってしまい、来年の東京仏教学院の講師を辞退さ
せていただくこととなりました。
私は龍谷大学の文学部真宗学科の博士課程まで通いました。
これは、自分がお寺を継ぐべきか?と悩んだ結果、大嫌いな
勉強を始めたことから、そのような学歴となったまでです。
そちらの事情は過去のブログで綴りました。

お寺を継ぐ 副住職の決め方


文学部だったこともあって、在学中は博士論文がメイン(今は
コース博士。つまりPHD)だったので、論文提出ができず、
単位取得依願退学なのですが。。。(もっとも、コース博士でも大変で、私は論文提出などできなかったですが)
ただし、まだ真宗学ではコース博士もメジャーではなかった
時代でしたので、博士で単位取得依願退学でも、少しは実績とし
て見なしてくださいました。学会発表や論文も数本だけど書いて
ます。
その影響もあって、私が京都から自坊に戻るタイミング(30歳)
で、東京仏教学院の講師のお話を頂戴しました。
以来、とてもお世話になったのですが、そろそろ私も自坊の
役割を中心に考えねばならないし、そもそも学者希望でもなかっ
たので、ここら辺で、講師も引かせていただこう。
と考えたのです。周りからは若干引き留められました。
そう言っていただけただけでも、とても有難いことだと実感して
ます。
ただ、私の本来の為すべきことを考えた時、宗派の人材育成に
注力するよりも、優先すべきことがあるように思えたのです。
それに身体のことも考えると、
流石にやる事が多すぎて無理になってきてるのです。
それで、来年から東京仏教学院の講師を辞め、その他に
力を使っていこうと考えました。
ですから、私の東京仏教学院での講義も、今日と2月の1回で
最後となります。残り2回。そう考えると、どことなく寂しい気
持ちにもなるものです。あと2回を噛み締めて講義をしようと
思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です