日記

アダム・ライオンズさん

おはようございます。副住です。
さて、今日から京都です。
私の母校である龍谷大学で、「教誨」について研究者(大学教授
達)がプロジェクトを組んでおり、その公開研究会があります。
それに私が呼ばれておりまして、行ってくるのです。
私が呼ばれている理由は、プロジェクトを進める教授たち
の中に私の先輩、同期、後輩と顔見知りが多いからです。
「プロジェクトを進める上で、手始めに教誨の現場を知る
教誨師からの話を聞きたいが、初回から大物をお呼びするのも
憚られるし、誰か良い人いないか?」と話題になったようで、
私の名前があがった・・・という経緯です。
私も、メンバー的に同窓会みたいな気軽さだったし、
久々に京都に行けるし、忙しい中だけど、気晴らしにいいか!
と思って、最初にお引き受けしたのが、昨年の夏頃でした。
そこで、プロジェクトの内々の研究会に呼ばれて、2時間ほど
研究会を行なったのです。
私は一回限りだと思ったのですが、話の展開の中で、公開研究会
を来年やりましょう!となってしまったわけです。
その時、「え!?またやんの!?もう話す事ないけど・・・」と
思ったのですが、公開研究会だから、同じ話でも構わないとのこ
とでした。そこで、今回も京都にいくこととなったわけです。
もっとも、今回は私の他、ハーバード大学で博士号を取得された
アダム・ライオンズさん(教誨の専門家)も来られるようで、
私は初対面なのですが、教誨における最先端の専門家ですから
会話するのが楽しみです。
ライオンズさんの論文
ライオンズさんは米国におられる為、
今回は日本に訪問されている貴重な機会の一時をいただけるよう
です。よかった。因みに、ライオンズさんは、私よりも若い方
で、日本語はペラペラのようです。良かった。日本語で。
そんなわけで、ちょっと京都(龍谷大学)に行ってきます。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です