日記

最終講義

こんにちは 副住です。
昨日は昼から築地に出勤で、夜も23時頃と
なってしまいました。
そして、今日も東京仏教学院の講義があります。
夜間の学校なので、授業は18時過ぎからなのです。
私は今年度を以って、東京仏教学院の講師を辞退させて
いただくことにしたので、今日が私の最終講義。
でも特別な講義はしません。これまで通りの粛々とした
和讃の講義を予定してます。
東京仏教学院の講師を辞退するのは、教務所の仕事と
自坊の法務。そして地元のJCの役を受けたこと、
教誨師活動など、多忙を極めていることで、
何か減らさないと!と思ったことからです。
さすがに、各所に関わりすぎてしまい、身体がもちません。
また、どこかの研究機関に所属したい願望もないですし、
研究者の道を進みたい願望もないのです。
築地は遠いし、教務所の出勤だけでも大変なのに
夜間とはいえ、教務所の業務以外の日に築地に行かねばならない
のは、とても辛くなってきたのです。
昨日も一昨日も、私は教務所の仕事で築地に出勤し、そして、
今日は夜間学校の授業で築地に。
教務所と東京仏教学院とは、違う業務となるので、それぞれが
関連しながら、私の出勤が予定されないのです。
別々にスケジュールが組まれてしまうので、このような
連日いかねばならない不思議な状況が生まれ、効率が悪く、私の
負担だけが増えるという悪循環に。
例えば、教務所勤務の夜に、東京仏教学院の講義を入れてくれた
ら、1日で終わるのに。。。
そのことを伝えたのですが、配慮しようにも、東京仏教学院の
講義の予定は、4月頃に、一年間のスケジュールが組まれてしま
うのです。
しかし、教務所の業務は会議や行事などが主体であり、特に会議
は2か月前くらいに決まってきます。もちろん、参加者メンバー
の急な予定が入ることもあって、流動的に決めざるを得ず、
両者のスケジュールを調整することは、困難なのです。
その事がわかったので、辞退するしかない!と思ったのですが。
さてさて、最後の講義の用意をしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です