日記

5G半導体をめぐって アップル

こんにちは 住職です。
令和2日目。
晴天に恵まれ、安定した春の天気となりました。
昨夜は、比企青年会議所の理事会があり、参加をしてきました。
さて、先日綴りました5Gを先導するアメリカ半導体企業のクア
ルコム社がアップル社と法廷紛争してましたが、ついにアップル
社が和解を持ち掛け、巨額の和解金を提示し、和解したようです
クアルコム、アップルから5千億円 (ニュース)
アップル社は、クアルコム社を訴え、法廷紛争を行ってきました
。しかし、5G半導体を開発した現在アメリカ唯一のクアルコム
社ともめることで、次世代スマホをリードできなくなる可能性
が高かったわけです。中国のファーウェイから半導体を調達する
手もあったのでしょうが、米中が揉めている以上、政府が許さな
いというでしょうし。
そこで、アップルが、独自で5G半導体を開発できなければ、
次世代をリードすることができなくなる懸念がありました。
次世代をリードできなければ、一気に衰退することとなるでしょ
う。そこで、どうしようもなくクアルコム社と和解することに
なったのだと思います。賢明な判断だと思います。
これで、アップルは何とか残った。あとは、どのような通信手段
(次世代型スマホ?)を市場に示せるか?が次の鍵となるでしょ
う。さすがアップル!と言われるような革新的な次世代型通信機
器がでるのでしょうか? 未来はどうなるのでしょうか?
ちょっとした5Gの勉強をしただけで、世界の現状を知ることが
できるようになりました。面白いですね。
5Gという、次世代技術によって、どんな世界が創造されていく
のでしょうか!?
創造していけるのは、私達です。
どんなアイデアがあるのか、どんな世界を創りたいのか?
何をどうしていきたいのか? 色々とありますが、
まずは真剣に向かい合うことから始まるのだと思います。
世界は変わる。でも真実は変わらない。それは仏法!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です