日記

家族時間

こんにちは 住職です。

連休も終わり、私も普段通りの生活に戻りました。

この連休は2日連続でご法事が勤まることがなく、私は久々に世間の皆様と同じような生活を

経験出来ました。といっても、コロナの心配もあったので、遠出はしないで、近場を巡っただけでしたが。

それにしても、久々に家族と祝日に出かける経験をしたわけです。私的には、こういった時間も有意義であ

ることを体感したわけです。

普段の生活では、好き勝手というのか、あまり家庭を顧みないような、妻に任せっぱなしの生活でしたので

、改めて反省をしてみました。

おそらく、私は仕事人間なのでしょう。そっちに専念している方が、自分的にも落ち着いてしまう感覚があ

りました。

そもそもがこんな性格ではなかったのです。そもそもの性格は、もっとゆったりと生活したい派。

仕事に追われることなど、嫌いなタイプでした。

真剣に仏教を勉強しよう!と思って必死に頑張った頃、つまり大学院に入り、それ以降から、

段々と性格が変わってきたように思います。

大学院の博士課程を終えて、自坊に戻って以降も、築地本願寺の中にある研究所に所属し、東京大学の先生

にお世話になって、勉強会をしてもらったりしている内に、さらに鍛えられたのだと思います。

段々と「こんなことではダメ!もっとしっかりしないといけない!」と思うようになり、自分に負荷をかけ

ることに慣れて行ってしまったのです。頑張って頑張って、東大の先生の前で、発表をしたりするようにな

ると、頑張っただけ自分でも収穫があって、それが心地よいというか、ご褒美の状態になるのです。

こうなると、余計頑張ることができる。それがいつの間にか習慣化して、違う分野でも頑張ることを憶える

わけです。このような循環が生じると、それが仕事であれば尚更頑張ろうとする。

さらに、欲深いのでしょうね。自分をより高める為に自己投資するようになって。。。

自己投資(自分のお金で塾に入ったり、あるコミュニティーに属したり、師匠に鍛えて貰ったり)をして学

びを深め、さらに色々と知見を深めるのです。

振り返ってみると、今の所、私は自分の贅沢などには興味も無く、自己成長に最もお金を費やしてきたよう

に思います。それで突き進んできました。

しかし、自分だけの人生ではないことを、最近考えるようになりました。

少しは家庭の事も考えないといけませんでした。そこで、この連休は、家族との時間に費やすことにしてみ

たのです。すると、思いがけずリラックスすることができたように思います。

これまでは、自由な時間があっても、自分でやることがわからない状態でした。だから、仕事をしてしま

う!そんな状態になっていました。それが、家族と過ごす時間を意識した結果、やることなど探さなくても

家族と過ごす時間だけで、リラックスできるんだ!と発見したのです。

きっと、普段と異なる環境が、私をそのようにさせたのだと思います。

家族と過ごす時間を得たことで、家族にとっても良いでしょうし、私もリラックスできたし、これで普段の

仕事に戻っても、今まで以上に頭が回転しそうだし、良い事づくめですね。

新しい発見をしました! これを続けてみよう!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です