日記

東京オリンピック・パラリンピック

おはようございます。住職です。

緊急事態宣言発令中なのですが、仕事の関係でどうしても築地本願寺に行かねばならず、昨日出勤してきま

した。東京都に緊急事態宣言が発令された7月、都知事が「東京都に来ないでください」とお願いがあった

ので、私は築地本願寺には出向かず、リモートで進められる仕事だけを行ってきました。

今月に入ると、埼玉県にまで緊急事態宣言が発令されてしまい、余計に無用に市外に出ることは控えること

としています。しかし、昨日だけはどうしても行かねばならず、車で行ってきました。

オリンピック期間は、交通規制がなされているし、高速道路は1000円割高になっているし。

と思い、関越道の練馬インターで降りて、一般道で築地本願寺まで行こうか!?と考えていましたが、

高速道路上にある案内板では、都内のどこも渋滞していないとの表示を見て、考えを改めました。

このまま関越→外環→首都高で行ってみようか!と。一般道の方が渋滞が凄かったら、1000円払う価値

があるかもしれない!と思い直し、銀座インターまで高速で行ってみました。

結果は、順調順調。西照寺から1時間で築地本願寺に着きました。

選手村が近い、築地本願寺近辺では、オリンピック関係車両が多く確認できました。

こんな車です。

帰宅の際、側道に停車しようとしたオリンピック関連車両です。

車の横側に青のマークが。その下に、「TOKYO2020」と灰色で書かれています。

もう一種類、青いマークがピンク色バージョンのもありました。

選手が移動するタクシーのような物なのかな!?と思いながら、結構多く、この車が走っていました。

埼玉県の東松山市にいるので、TVやネットでオリンピック報道がされていますが、いまいち実感が

ありませんでした。しかし、築地本願寺に行ってみたら、やっぱり道路や標識、オリンピック関係のマーク

を装着している人の姿や、車を見て見ると、「あぁオリンピックやってるんだな」と実感できますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です