日記

津波注意報で思い出す

おはようございます。住職です。

トンガの海底噴火があったようで、それに関連したのか、津波警報や注意報が発令されています。

朝から大きなニュースですね。気象庁も、気圧の変化による海面上昇による可能性を指摘しており、

非常に珍しい事態のようです。

津波と言えば、私達東日本大震災を経験している者にとっては、一生忘れられない衝撃的な光景を目にして

いることもあって、私は、なぜか当時を思い出してしまうのです。

私は地震があった当時も埼玉県に居ていたので、実際に津波は経験していません。

しかし、大きな地震であった為、その直後からTVを見ていました。

TVにおいて、津波をリアルタイムで見ていたのです。ヘリコプターから撮影されていた映像だったので、

上空から広い範囲を見渡すことができました。すると、津波がドンドン陸地を遡上する映像をみて、画面に

写り込んでいる地上にいる人達が、猛烈な規模の津波が迫っている事態に気づけず、様子見している光景が

映っていたので、「何やってんだ、はやく逃げて!!!」と、咄嗟に心と声の両方から叫びました。

でも、どうにもならない。聞こえるはずもない。

やがて、映像は切り替わって、その方々がどうなったのか、TVでは映されませんでした。

おそらく、察してください!との事なのだろうと、今でも無力感と言葉にできないショックを抱えたままで

す。

TVで上空から見ていた光景は、現地の人たちの目線とは違って当然です。だからこそ、現場の人達は、実際

に自分の目で見える範囲の状況からしか事態がのみ込めません。

そういう意味で、様子見していたのでしょう。

あの時、私はメディアの凄さと同時に、大きな矛盾も感じてしまったのです。

メディアは平時では、非常に優秀な情報媒体です。

しかし、緊急事態が起こった場合、非常に無意味な存在と化してしまいました。

津波が襲ってきた当地においては、実際にその場に居る人の方が、津波の事態がわかっていない。

むしろ、現地に居ない私たちの方が、現場の状況を早く知ることが出来たのです。

つまり、今その情報が届かなきゃいけない人に届かなくて、今知る必要性が薄い人に、情報がリア

ルに届いてしまう!という矛盾です。

これってどうにかならないかな!?と思っていたら、最近はAIとかが叫ばれ始めました。

きっと、AIを使えば、災害などの時、本当に今必要な人に、必要な情報がリアルタイムで届けられる世界が

できてくるんじゃないだろうか!と思っています。

もっとも、情報を受け取る端末問題もあるし、大地震などの場合、情報経由施設が倒壊すれば、不通になっ

てしまう問題もあるから、違った意味の問題がでてくるのでしょうが、AIは希望が持てますね。

今朝のトンガの海底噴火と津波警報を知って、そんな事を思わされました。

それにしても、東日本大震災から10年以上にもなるけれど、私の中ではあの衝撃と心の傷は全然薄れませ

ん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です